トイレの水漏れで多いウォシュレット

近年一般家庭でもウォシュレットを使用している世帯が多いです。ペーパーを使わなくてもお尻などを清潔に保てます。しかしその一方で、ウォシュレット 水漏れのトラブルによる相談件数も増えているようです。もし問題が起きた場合、自分で直そうとしないほうがいいでしょう。思わぬ事故の発生する可能性もあるからです。そもそもなぜ故障してしまうのか、その原因についてまとめてみました。

■多いのはノズルの問題

トイレの中でも近年増えているウォシュレットの水漏れの中でも頻繁に起きている原因がノズルのトラブルといわれています。お尻などめがけて水を噴射するところなのですが、実際に問題が起きるのはノズル本体ではないです。そのほとんどの事例で、その手前にあるバルブユニットの不具合が原因です。もしここが機能不全を起こすと水の改変がきちんとできなくなります。その結果、ちょろちょろと水漏れが起きてしまうわけです。もし床が濡れている場合、このような問題の発生している可能性が高いです。この時、バルブユニットそのものを新しく好感すると解決できるでしょう。

■給水ソケットの問題の可能性も

水漏れの発生個所の中には、給水ソケットという事例も少なからず見られます。給水ソケットとは、本体と接続されている部品のことです。トイレの水道管からホースが分岐して、ウォシュレットにつながっているはずです。このソケットの中には、パッキンが使われています。長年同じものを使っていると、徐々に劣化が進んでしまいます。そのほかには何か物をぶつけてしまうなど強い衝撃のかかった場合、ソケットで水漏れの発生することも考えられます。この場合にはパッキンを交換すると、元通りに戻る可能性があります。ただし強い衝撃を加えたことが原因だと、本体そのものが何らかのダメージを受けていることもあり得ます。その場合には、本体まるごと交換しなければならない事態も考えられます。

■まとめ
トイレの中でもウォシュレットはもはや欠かせない存在になっているでしょう。お尻の洗浄を自動的に行ってくれますし、更に温水も出ます。そのほかにも便座を温かくしてくれる機能もあります。今まで以上に快適に用を足せるでしょう。しかしひとたび故障してしまうと、電動機器のため素人が自分で修理するのには限界があります。もし何か不具合が発生しているのであれば、業者に連絡することです。そして専門家による修理に任せた方が確実です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ