トイレの水漏れと排水管トラブル

トイレの排水管からポタポタ水滴が垂れている、このようなトラブルが自宅で発生していませんか?このような排水管 水漏れの場合、まずはどこで問題が発生しているかを特定する必要があります。中には数百円のパッキンを交換するだけで修理できる場合もありますし、実は不具合が発生していないケースもあります。業者に依頼する前になぜ水漏れが起きているのか、自分の目でチェックしてみましょう。

■実は結露していただけというケースも

一見すると床や排水管が濡れているので、水漏れが発生しているに違いないと思っていた、しかし実際に検査してみると結露を起こしていただけだったということもあり得ます。そもそもトイレでは結露は発生しやすい傾向があります。例えばトイレの中には、冷暖房を入れている家庭は少ないでしょう。エアコンを入れているリビングとの温度差が激しくなって、結露が起こりやすくなります。またタンク内には常に水が入っています。この水温と外気温の差によって、水滴のつくこともあり得ます。雨が降って湿度の高い日や冬場の厳しい寒さの時にぬれているのであれば、結露の可能性も疑ったほうがいいでしょう。換気扇がついているのなら、凍結する可能性があると思われる日には結露吸収テープを張るなどで対処しましょう。

■本体と床の隙間で水漏れ

便器の周辺から水がにじみ出ているような漏れの場合、結論から言うと一般の人が自分で補修するのは困難だと思ったほうがいいです。というのも専門的な技術が必要だからです。このようなトラブルの場合、いくつか要因は考えられます。便器そのものにひび割れが発生している、便器と床の排水管のつなぎ目のパッキンの劣化、そもそも施工工事時にミスがあったなどです。ただいずれの場合でも一旦便器を取り外さないと、問題の抜本的な解決はできません。しかも補修用の部材は市販されておらず、入手が困難です。防水のパテで何とかする方法もありますが、これはあくまでも応急処置で水漏れそのものが解決したわけではないです。

■まとめ
トイレの床や配管が濡れている場合、まずはどこで問題が起きているのか確認することです。上で見たようにただ単に結露が起きていて濡れているだけというケースもあります。ほかにもパッキンの摩耗など自分でできる作業もあります。しかし配水管のような便器をいったん取り外さないといけないような問題であれば、自分で何とかしようとするのではなく業者に相談するのがベターです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ