トイレの水漏れとウォシュレット

トイレの水漏れトラブルの中でもいろいろな要因が考えられます。その中でも近年増えているのが、ウォシュレット 水漏れです。自宅に設置している家庭も多いですから、その分問題の発生頻度も増加しています。もしこのような問題が発生した場合、以下の対処法を基本ラインにして考えていくと良いです。

■水漏れの起きている場所を確認する

従来のトイレの場合、確認すべき箇所が少ないです。このため比較的簡単に問題発生箇所を目視で確認することができます。一方ウォシュレットなどの高機能な設備がついていると、仕組みがより複雑になってパッと見てどこが原因か特定できないかもしれません。そこでまず水道の元栓を閉めて、電源コードとアース栓を抜くのを真っ先に行いましょう。電化製品のため、場所によっては関電や発火などの事故を引き起こす可能性もあるからです。その上でどこが濡れているかを目で見てみましょう。止水栓や元栓、給水ホースやノズル、コントローラー、ジョイント部分のうちのいずれかというケースが多いです。これらを重点的に検証してみることで特定できる可能性があります。

■簡単なものなら対策できるかも

ウォシュレットの水漏れの中には、ジョイント部分の緩みによって引き起こされているケースもあります。この場合、ナットやボルトをモンキーレンチやスパナなどを使って閉め直すと直る可能性があります。「今までだいじょう鵜だったのに…」と思う人もいるでしょう。しかし使用するたびに細かな振動が発生します。その影響で時間をかけて徐々にナットなどが緩んでしまうこともあります。長いこと時間をかけて緩んでいった場合、モンキーレンチなどを使ってもうんともすんとも言わないこともあります。これは隙間の部分にごみなどが挟まってしまう、さび付いていることが原因です。このような時には素人が工具を使っても閉め直せない場合も考えられます。下手に力づくで何とかしようとすると、配管に大きな圧力がかかり、のちに破裂する恐れも出てきます。

■まとめ
ナットの緩み程度のトラブルであれば、工具を使って自分で何とかできるかもしれません。しかし力の加減を間違えると、パイプが破裂してしまうかもしれません。そのほかのトラブルになると素人が下手に手を付けないほうがいい場合もあります。もしウォシュレットで水漏れが起きているのなら、専門の業者を呼んで作業依頼しましょう。その際まずは元栓を閉め、電源を抜いておくとより安全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ